初めてのランドセルは、生田ランドセルはいかかでしょうか?

投稿者: | 2016年12月2日

そもそもランドセルを手作りで制作する工程では200以上の工程が必要とされています。

これらの工程をすべて職人が一つ一つ手作業で行うところが生田ランドセルの特徴です。

店頭ではこの作業を見学することもができますのでお子さんと足を運んでみるといいかもしれません。

また、通販で購入することもできます。

手作業のため仕上がり時期が前後することもありますので注意しましょう。

大体2か月から3か月の期間を目安にするといいでしょう。

お子さんの初めてのランドセルにはぜひ手作りの職人の心のこもった生田ランドセルをプレゼントされるとお子さんがとても喜ぶでしょう。

お値段は3万円台から7万円台の商品があり、お子さんにあったものがきっとあるでしょう。

ぜひ、お子さんのランドセルには生田ランドセルはいかかでしょうか。

 

★外寸を考えてランドセルを購入する

ランドセルを購入する場合に、外寸だけを考慮して購入する製品を選択するという人も多くいます。

ですが実際にランドセルを選ぶという場合であれば、外側のサイズだけではなく内側も考慮して選ぶということが大切なことになります。

外寸が大きめなランドセルであったとしても、内側の作りによっては中に教材を入れにくいなどの状況になってしまうこともあります。

また中のポケットも使いやすさに違いがあるので、その点も考慮して選ぶことが大切です。

外側だけで見ていても内側まではわからない点が多くあるからこそ、ランドセルを選ぶ場合には外寸だけではなく、内側も考慮して選ぶということが大切なことになるのです。

可能ならば、実際にA4のファイルなどをしまってみた見た目を知ることも大切です。